ブログBlog

梅雨が明けたぞぉぉぉぉ!

皆様っ!梅雨が明けましたね~(ΦωΦ)

私、アン〇ンマンじゃないけど湿気にめっぽう弱いでございます。

毎年毎年、この夏の気温が異常です!熱中症!気を付けないとです!

熱中症は、室内でも!冬場でも起こりますので、ほんとーーーーに水分補給は忘れずに

お過ごしくださいませーーーー(; ・`д・´)

 

さて、今回は趣味の一つであるシルバーアクセサリー作成でございます。

シルバーアクセサリー作成の方法はいろいろあるんすけど

銀板からの重ね合わせして作る彫金方法と、ロストワックス製法の二種がメジャーであります。

私はシンプルなリング等は銀板を重ね合わせて作るのですが

依頼のデザインがシンプルではあるが、厚さとかが結構あるので

ロストワックス製法での作成です(/・ω・)/

友人に依頼された物で、こんなのがいーなーってとこからデザインをします。

下書きと大きさを決めます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
で、次に下書きをモデリングワックスに転写をします。(カーボンシート等で)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※ワックスは簡単に言うと蝋燭のロウの堅い板!って感じです。

 
転写が終わったらスパチュラやカッター等を使い型抜きをします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここで、割ってしまうとあとの作業難易度が上がるので慎重に♪

失敗しても蝋燭のロウと同じ性質なので火で炙って溶かして接着!

みたいので補修もできるのでそんなに失敗は怖くない!・・・と、おもぅよ~(;´・ω・)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
で、型抜きが終わったらエッジ部分や全体を滑らかに削ったりして整えます。

サンドペーパー等でも調整ができるんですが、削りカスが摩擦で溶けて

タイヤのフラットスポットみたいにこびりついてしまうので、大体はスパチュラと

小型ナイフのようなもので造形していきます。

そして、最終調整はストッキングで磨くと余計なバリが取れるっつー。

これはシルバーアクセサリー作ってる人の中では有名な技法であり

決して変態!ではないですよぉ~(・ω・)ノストッキングで遊んだりしないよ☆

造形がすべて終わったら簡単にライター等でかるーく熱して表面上をなめらかに♪

凹凸の凹の中のガサガサした部分や細かい部分が熱で溶けて良い仕上がりになります。

また、角ばった所も丸みを帯びてあたたかな感じもでます(`・ω・´)

これで造形が完了です(`・ω・´)ゞ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
写真はありませんが造形したこのワックスの周りを石膏で固めて、固まったら

中のワックスだけ溶かし出して、ドロドロに溶かした銀材料を圧迫鋳造して流し込む。

急冷して中身を取り出したら、ステンレスバレルやヤスリ等で研磨して完成って感じです♪

 

 

6

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
いやー我ながら出来としては良いできだ(`・ω・´)

また、何か作ることがあったらブログでも紹介しようと思います♪

ではではまた来ゲッツ☆

(なんとなくCMでやたら最近よく見るのでなんとなくゲッツ!!)

This entry was posted in チョリの日常. Bookmark the permalink.

Comments are closed.