ブログBlog

年神様はきっと迷子で我が家にたどり着けていない・・・

 

弥生でございます、こんにちわ。

どうぞ今年も宜しくお願いいたします。

 

 

毎年、それとな~く、シレーッと、世間が正月ムード満載なうちにちゃっかりお休みを頂いております。

そんな弥生さん。

今年はいつも以上に実家から一歩も出ないで、見事なまでの「寝正月」を過ごしておりました。

 

ここ数年、時間があればうっかり見入ってしまうのが箱根駅伝なんですよ。

20代後半までは一切興味がありませんでしたのに…

 

で、私は約20年程、東海大学に比較的近いエリアに住んでいました。

なので、自然と東海大学を応援してしまいます。(そして、さらりと毒もはきますw)

通勤のバス待ちをしていると、あの何とも言えない水色のユニフォームを着た陸上部が季節を問わずに走っているのをよく見かけたものです。

 

そんな東海大学。

なんとなく噂では聞いておりましたが・・・

 

 

 

いつから水色じゃなくなったんだ――――――――――!!!(怒り)

 

 

 

パッと見て、グッとわかるのがあの水色のユニフォームのいいところじゃないか!!

紺色だと遠目から見てもゴチャゴチャとしていたら分かりにくいじゃないか・・・

 

 

「断固反対!!水色じゃなきゃ東海大学じゃない!!」

 

 

なんて、テレビに向かって文句垂れてました。

大丈夫です、酔っていません。飲んでませんw

 

 

で、初めの方、2位とかそのあたりにいた東海大学を見て、

 

 

「何かの間違いだ・・・東海大学のいる位置じゃない・・・」

 

 

と、母までもが言い出す始末。

ええ、酔っていません。愛のある毒ですw

 

 

ところで。(急に話は変わりますよっと。)

 

「明けましておめでとうございます」

 

の意味って知ってますか?

私は、

 

「新しい年を迎えることのお祝い」

 

だと思っておりました。

しかし、他にも意味もある様で・・・テレビを見て知ったのですが、伊達巻をくわえながら「ほぇ~っ!!」と変な驚きの声を発してしまいました。

 

今では、生まれた時は0歳、誕生日が来て1歳・・・という「満年齢」で年齢を数えますが、昔は「数え年」でした。

数え年は、生まれた時が1歳です。

 

この「数え年」。

元日に1つ年を重ねる、と言うことで

 

「一年間無事に過ごすことが出来て、新たに年(齢)

を重ねたことのお祝い」

 

という意味もあるそうです。(お誕生日おめでとうに近いかと。)

 

 

ほかにも、大掃除の意味や、正月飾りの意味、春の七草粥の意味なども放送していて、とても面白かったです。(そういうの大好きw)

 

「来年から私もちゃんとしよっ!」とそれらを見ながら思いました。

ちゃんと、大掃除をして鏡餅用意して、玄関に正月飾りつけて年神様をお迎えしよう。と。

(家で正月飾り、飾っていた記憶なんてございません!!)

そりゃもう、強く心から思いましたさ。

 

 

 

・・・でも、9月ぐらいになったらもう忘れてるんだろうな・・・(遠い目)

 

では、またな!

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

Comments are closed.