ブログBlog

みもり図書館

 

Twitterで見つけた、とってもきになるネコカフェです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

宮沢賢治の・・・

入ったらたべられてしまうのでしょうか(°ω°)

 

さて今回は怪談噺の本のご紹介をします。

夜長の頃となりましたが、ほんとうは先々月にご紹介したかったものなんです。。

 

児童書なのですが「怪談レストラン」シリーズで、(ISBN:978-4-494-00467-6)

1996年から2007年の間に50巻出ているベストセラーです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

テレビで放送されたこともあるようで・・・本ではなく

怪談レストランを知っている方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オムニバス形式の本なので、ちょっとした空き時間に読み進めていくことができます。

各巻のテーマにそったお話しの詰め合わせで、

「幽霊列車」や「百物語」「駅員さん」などなど

 

不思議な話からメリーバットエンドのお話もあり

児童向けの本でありながら、読み手によって感じる結末がいろいろ分かれるかもしれません。

 

むかし小学生のころ、図書室の人気図書だったので

予約をして貸出しを待つか、お小遣いで買ってしまおうかとてもドキドキしたものです(*∩ω∩)

 

それではまた次回に~´`*

 

 

This entry was posted in みもり図書館. Bookmark the permalink.

Comments are closed.